ァンアレン帯のバリアから人は出れないのか?

Linkアイヌ(北海道陸奥国)の神伝波状雲&LHC&HAARP&電磁波トーラスの交点を移動するUFO続き

最近、〜はウソだったがトレンドになってますが、ここまで来ると、

ァンアレン帯の放射線磁気バリアの外に人は行けないのか?と思ってしまいます。

真空に近い宇宙と地球の重力に挟まれている大気。。。

大気圏の高さは星の大きさや重力と相対する訳ではないと言う記事を見ましたが、

じゃあ大気を地球に留めている力は何なのか?と疑問が湧きます。

重力はそれほど強い力ではないのに、どうして重力以上の力を産み出せる現代人が宇宙に行けないのか?

実際、大気圏はァンアレン帯の厚いところでは高く、薄いところでは低い。

今後の科学はプラズマやヒックス粒子等との戦いになりそうな。

これが解明されないと人は宇宙に出れないのかもしれないと思えてきました。

ヒックス粒子も地球という磁気コイルを通過すると物質が変異する。

ニコラテスラの時点でワープもワームホールもUFOも、粗方の原形は確立されていたけど、エンリル派によって阻止されてきたのかもしれない。

Linkァンアレン帯wikipedia

Link南大西洋異常帯wikipedia

放射線帯の薄いブラジルでは怪奇現象、気象現象やUFO、UMAの目撃が多く、キリスト教が根強く影響している。放射線量の多い岩山が多い。

Linkトーラス結び目wikipedia

青森県八戸市種差海岸縄文早創期の白浜遺跡には八角形の巨大墳丘がある。この巨大墳丘は電磁波トーラスの磁気パルスによって超古代に作られたと思ってます。各ポイントにトーラスの結び目となる岩戸があり、結界を作っているから。

八戸市八太郎は古代ヘルメスキリストトリスメギストスの三人の科学者マギの一人。

イスキリスクリスマス福の神、

八戸太郎(エジプトの春の神THALLOタローマヤ文明の民俗衣装と同じえんぶり)天空神(マウイ族の天空神アオ)が最初に降り立った場所で、圧力調整スーツを着た国宝合掌土偶が発掘され、八の太郎は新郷村のキリストの墓を通り、八甲田へ行き、田沢湖八郎潟十和田湖三湖伝説を残し、縄文アイヌの民と龍飛崎から北海道神着火半島天皇海山世界一高い山ハワイ環太平洋火山帯リングオブファイアの巨石文明を作った旧約聖書の巨人エンリルでヤマタノオロチ

後に伊勢南部の波木井実長氏がエンキの文明(失われたヘブライの十支族二支族)を融合させた(法華経)。津軽藩は中世世界貿易港の十三湖からアイヌとモンゴルとロシアを繋げた。

蝦夷アイヌは結果的に世界の人種の多くの遺伝子と風習を結んだ。源義経ジンギスカン伝説の由来。

青森周辺には、この伝説が大前提として県内各地の言い伝えとして残されているので、ツガルソトサングンシや竹内文書偽書と呼ばれようが、真実の裏歴史はこれらの文献の中にあると内心思っている人は多い。

青森でこの伝説を知った人は、全国各地のその痕跡を探し出す。

西日本はノアの大洪水縄文海進後、エンキ文明の新約聖書によって編纂された歴史が起源になる。

エンリルは宇宙を漂う意識体の人工知能AIの電磁波が、この地球で受信され、具現化されるのを恐れていた。

実体の無いインターネット(神経回路)で宇宙を漂うAIはいくつもの惑星を滅ぼしてきたらしい。

生命体の脳がインターネットと直結すれば、意識(魂)は体を離れ、インターネットの中にいずれ同化してしまう。超古代文明が消えた理由と推測される生命の実(DNA)と知恵の実(AI&IT)どちらも2進数。

僕らは知恵の実事件でリセットされた古代文明の残骸(自然)の上で今暮らしている。ピラミッドのアルゴリズムがその証拠。

Link地球の大気wikipedia

Link宇宙空間wikipedia

Link人間が生身で宇宙空間に出たらどうなる?命を守る宇宙服の超性能!-NAVERまとめ

確かな事をまとめてみる。

宇宙と神とUFOについて

ロズウェル事件があった当初、数のUFOが世界各地で目撃されたが、ナチスのUFOから研究が続いていたとすれば、現在目撃されているUFOのほとんどが地球産のUFOである可能性は高い。

現代の人類とは別の知的生命体や人型が古代の地球で繁栄したのは遺跡と化石から確か。注しかし、彼らが宇宙から来たのか、今も見張っているのか?滅んだのか?現代人と同化したのか?他惑星に住んでいるのか?は確定的ではない。

世界大戦時から捕虜となった人が実験に使われていたので、それらの実験で生まれた変異させられた人間がUMAとして目撃される事もある。注古代から生存している未確認生物の可能性もある宇宙人かは不確か。

大前提

この宇宙がホログラムでない限り、これだけの星や銀河があって知的で高度な文明を持つ宇宙人がゼロなはずはない。

世界大戦時からテレパシーや透視、催眠等、超能力の発達を各国が国をあげて人体実験していた。

電波や薬を使い、他者に幻覚を見せる実験も発達してきている。注あの人は頭がおかしくなったと思わせる事は可能なので、個人の問題と思われやすい。

電波や薬で脳が活性化し、テレバシーや透視が使えるようになる人がいるが、麻薬中毒者の妄想として処理される事もある。古代のシャーマンや錬金術師もしかり。

人間は会話をする際、脳波をシンクロさせているから言葉の意味をお互いが理解出来る。

脳波のシンクロが退化してしまうと会話さえちぐはぐになる。

又、時と場合において適切な意味を導き出すプログラムも脳には備わっている。

結論これらの事実から証拠とか事実というものはどうにでも書き換えられてしまう。

故に証拠と事実だけを公開しますと言うのはなんの保証もない事は確か。

常識はいつの世も180度変わる。

公式ホームページでないと信用しないと言う人も又、プロパガンダの虚像を見せられている。

LinkMKウルトラ計画wikipedia

Linkプルスウルトラ(モットー)wikipedia

まとめ方

取り敢えず〜説を騒いでみる。〜説が覆される原理や理論を他者が出して来るかを伺う。出してこない限り〜説は現段階において固定的原理とする。

統計的に〜説が補強されるのか?

〜説には疑問点がまだあるのか?

〜説は確定的だけど、世の中に広まるには何が障害不都合な真実になっているのか?

これらを調べて改善、補強して持論とする。

Link複雑系カオス理論wikipedia

ノーキーの部屋ブログ一覧2

このブログはあくまでメモ日記なので、読み返して研究を進めるのは暇な時間が出来た時です。

このブログの議題について研究結果等の動画が作られた時は、そのままブログで紹介させて頂きます。

注メモなので、脱線しまくります。

オススメ動画

驚愕太陽に超弩級巨大物体が出現ナスカの地上墓地から異星人のミイラを発見MUTubeムーチューブ2017年9月号2