税込経理

きょうは雨。

随分と降っていたようだ。

最近、ハッキリしない天気が多かったけど、きょうの雨はしっかり降ったようだ。

これで雨雲を飛ばしてくれればいいんだが

秋雨前線?

というにはまだ早いか。

それはさておき、

きょうは税込経理のときの消費税のはなし。

決算仕訳を日商簿記の問題で考えてみる。

問題

決算に際して、消費税の納付額200000を計算し、これを確定した。なお、消費税の会計処理は税込方式によっている。

仕訳

租税公課200000未払消費税200000

税込経理のときは、仮受消費税や仮払消費税は出て来ない。

なので、決算のときには租税公課で費用にする。

もともと消費税の考え方は、売上の時にいくらの消費税を預ったとか、仕入れの時にいくらの消費税を払ったかということは問題ではない。

税法に則った計算で消費税額を申告して、それを支払うだけということ。

これを考えると、税込経理での仕訳の方が実態に近いということなのかもしれない。

まぁ、どちらでもいいんだけど。

なかなか面倒くさいね。

さて、明日は水曜日。

まだ世間は休暇中だろうか。

今週一杯休んでてくれるといいんだけど。

てことで、

ようはおしまい。

広告を非表示にする